​十二月の花姫人形‐春へ至る詩‐

​Hepatica/へパティカ 出典:Hepatica-雪割草の姫君-

一月に祈り詩を捧げる花姫人形。

十二姉妹の末人形で、まだあまり疑うことを知らない。

一年を通して捧げる詩の、一番最初であることに少し緊張している。

​どんな苦難が起ころうとも乗り越えていける強さが、雪割草を抱いた彼女にはある。

右目に古の数字で1という記号が浮かんでいる。

花姫人形は各々、不思議な目を持っているシリーズであり、

彼女の所持する能力は「ある一定の過去を見る」能力。

Myosotis/ミオソティス 出典:2月Myosotis-勿忘草の姫君-

二月に祈り詩を捧げる花姫人形。

一見するとお淑やかな女の子に思えるが、

意外に天真爛漫。

お茶会を開くのが好きで、その際に出すお茶とお菓子は彼女お手製の一品。

愛しい姉妹や「Monsieur」のことを、どんなことがあったとしても忘れない、勿忘草の想いを抱いている。

右目に浮かぶ数字は、古の数字で2。

彼女の所持する能力は「相手が忘れていることを見る」能力。

Armeria/アルメリア 出典:3月Armeria-浜簪の姫君-

三月に祈り詩を捧げる花姫人形。

笛を吹くことが好きで、現在住んでいるとある島では、琴の音色に合わせながら舞踊り笛を吹く。

姉妹の中では上から4番目であり、狭いながらも長く世界を見てきたため、多少のことでは嘆かない。

妹人形が多いためか面倒見がよく、

いろいろなものに慕われている。

浜簪の願いを抱いている彼女ならではの言動も多い

右目に浮かぶ数字は古の3。

彼女の所持する能力は「ある一定の時間帯だけ世界のどこでも見られる」能力。

© 2023 by Ellie Adams. Proudly created with Wix.com

  • Grey Spotify Icon
  • Grey Apple Music Icon
  • Grey Amazon Icon
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Twitter Icon
  • Grey YouTube Icon
  • Grey SoundCloud Icon