​十二月の花姫人形‐春へ至る詩‐

Niel/ニール

出典:眠り姫に口付けを

Tiaの兄。

両親は14のときに他界、

幼い頃から謎の呼吸疾患にさいなまれる妹を一人で養ってきた。


母の形見の絵本が「荊姫の物語」であったため、

妹が本を読んで欲しいと言うと良くこれを読み聞かせしていた。


妹を看取った後はフローリア王宮で暫く、

女王の「緑の生きた人形」の世話係であったが、

製作者に連れられ消失。

城内での職を失った現在は、

城下町の孤児院で小さい子の面倒を見ている。
 

Tia/ティア 

出典:眠り姫に口付けを、眠り姫の遺言は

Nielの妹、両親を8歳の時に亡くしている。

謎の呼吸疾患に身を焦がしていた。

そう思っていたのだが、

死後にそれが呪いであったことを

「コエ」に教えられる。


兄が心配で暫く「コエ」に〈偽天使〉にしてもらい見守っていたが、

ある日。

何かに導かれるように

輪廻から抜き取られてしまった。

 


生前は優しくて切ない、

僅か14歳の少女であった。

© 2023 by Ellie Adams. Proudly created with Wix.com

  • Grey Spotify Icon
  • Grey Apple Music Icon
  • Grey Amazon Icon
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Twitter Icon
  • Grey YouTube Icon
  • Grey SoundCloud Icon